2018年11月10日

ニュースで良く聞く言葉の雑学

おはようございます。
マナオです。

今日は、ニュースで良く耳にする言葉に関する雑学を紹介したいと思います。

【重傷と重体の違い】
重傷と重体、どちらが危険な状態でしょうか。

重傷とは、全治1か月以上の入院を必要とするようなケガのことを指します。
軽傷は入院を必要としない軽いケガを指します。
入院が1か月未満のケガは中傷と言うそうですが、あまり聞かないですね。

重体とは、病気やケガ等で生命に関わる程
危険な状態を言います。
ポイントは、重体はケガだけでなく病気も含まれるということ。
ニュースで言う「意識不明の重体」というのは、まさに生死の境をさまよっている
状態なんですね。

これに関する知識で、ニュースに使われる隠語を次に紹介します。

【全身を強く打って死亡】
これもたまに聞きますよね。
これ実は柔らかい表現にしてるんですが、すごい状態なんです・・・
身体に大きな欠損があり、原型をとどめていない状態。
身体の中身が出てしまっている場合等もこれです。
頭を強く打っても同じような意味で、頭が陥没してたり、
脳が飛び出ている状態だそうです。
これ知ってしまうと、ニュース見てるときに「うわぁ・・・」
って想像してしまいます。

【行方不明者が見つかったとき】
定義が3段階あります。
・無事保護されました。
・保護されました。
・発見されました。
無事保護されましたは、ケガ等なく、何の問題も無く発見された場合に
使われます。
一番望ましい状態ですね。
次の保護されましたは、ケガをしていたり疾病している状態で発見された場合に
使われます。
最後の発見されましたは、亡くなってしまっている場合に使われます。

【死体と遺体】
死体は身元が不明。
身元がわかるときは遺体。
良くドラマで被害者家族等に見せる場合は
「ご遺体をご確認ください。」って言いますよね。

【みだらな行為とわいせつな行為】
みだらな行為というのは、性交を伴う行為。
身体を触る等、性交を伴わない行為はわいせつな行為になります。
(本当はもっと細かい定義があるのですが、ニュースで報道される場合は
上記の定義です。)


前回のちょっと怖い雑学よりも、怖い内容になってしまいました^^;
これを知っておくと、ニュースを聞いていろいろ想像できてしまうように
なります。
特に、全身を強く打っては衝撃ですよね・・・
それではまた^^
posted by マナオ at 07:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

このサイトについて

◆サイト名
マナー・雑学まとめブログ

◆管理人
マナオ

◆URL
http://www.kobunine.com/

◆RSS
http://www.kobunine.com/index20.rdf

◆お問い合わせは下記アドレスまでお願い致します。
ni_ne_0314@yahoo.co.jp

-------------------------------------------------------------
◆サイト概要
様々な場面で役立つマナーををまとめたいと思い、ブログを立ち上げました。
あとは面白い雑学とかも紹介していけたらと思います。


◆コメント
書き込みについては基本、自由ですが、下記のような内容のコメントや、
管理人が不適切だと感じたコメントについては非公開にさせて頂きます。

アダルト表現
誹謗中傷
個人が特定される情報


◆相互リンク・RSS
当サイトはリンクフリーです。
相互リンク・RSSを希望の方は、ni_ne_0314@yahoo.co.jpまでご連絡お願い致します。
また、下記のサイトについては、相互リンク・RSSをお断りしておりますので、ご了承下さい。

・アダルトな要素を含むサイト
・長期間に渡って更新が行われていないサイト


◆著作権
著作権に関して 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。
本サイトで使用している画像・文章の知的所有権はそれぞれの著作者または団体に帰属します。
著作権に関する問題がありましたら、記事タイトル、削除理由を明記の上、こちらよりご連絡お願いします。 確認次第、迅速に対処いたします。
◆免責事項について
当ブログ並びにリンク先の利用により生じたトラブルや損失・損害等については、いかなる場合も一切責任を負いません。ご了承下さい。
プライバシーポリシー
◆個人情報の管理
本サイト(http://www.kobunine.com/)(以下、当サイト)は、お問い合わせいただいた内容についての確認・相談、情報提供のためのメール送信(返信)の目的以外には使用しません。また知り得た個人情報を第三者に開示することは、警察・裁判所など公的機関からの書面をもった請求以外に一切利用いたしません。
◆当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、i-mobile)を利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。


◆当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。
posted by マナオ at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

招き猫の雑学

こんばんは。
今日9/29は、9(くる)29(福)ということで招き猫の日です。

招き猫は数えきれない程見てきましたが、みなさまその意味や由来を
ご存知ですか?

今日は招き猫についての雑学を紹介したいと思います。


【招き猫の由来】
招き猫の由来は実は諸説あり、どれが本当かは定かではありません。
なので、面白いと思った説を一つ紹介します。

江戸時代、有名な武将であった井伊直孝さんが、荒れていた豪徳寺というお寺の
前を通りかかったとき、豪徳寺の飼い猫が手招きするような仕草をしていたので、
立ち寄って休憩をしたそうです。
※記事の一番下に井伊直孝さんについて補足があります

お寺の和尚は井伊さんをもてなし、説法をしたそうです。
説法の最中に雨は強くなり、雷雨になったそうです。
井伊さんは雨に降られずに済んだことと、説法でありがたいお話が
聞けたことをいたく喜び、豪徳寺に多額の寄付をしました。
そのお金で豪徳寺は再び盛り返したそうです。

きっかけは猫の手招き。
それが招き猫につながったと言われています。
猫さん大活躍ですね。


【招き猫の手の意味】
突然ですが、招き猫に性別があるのをご存知ですか?
左手を挙げているのは雌猫で、右手を挙げているのは雄猫なんです。
両手を挙げているものもあるそうですが、それは性別不明みたいです。

左手を挙げている雌猫には、千客万来や縁結びに効果があると言われています。
右手を挙げている雄猫には、金運や幸運を呼び寄せる効果があると言われています。

両手を挙げている猫には上の二つ両方の効果があると言われていますが、
欲張りすぎてお手上げという考え方もあるので、嫌う方も多いのだとか・・・

確かに、両手を挙げている招き猫はあまり見たことないと思います。


そして手の高さが高いほど、より遠くから福を招いてくれるという意味もあるようです。



いかがでしたか?
上に書いたように、招き猫にも種類があり、それぞれ意味が違っているんです。
お店に置いてある招き猫を見た際は、是非どちらの手を挙げているか注目して
見てみてください。


招き猫の由来で出てきた井伊直孝さんについて、知らないよーという人のために
少しだけ補足します。

徳川家に仕えた井伊直孝さんですが、代表的な戦いとしては大坂冬の陣があります。
大河ドラマでやっていた「真田丸」にも登場しています。
冬の陣では、真田幸村の挑発に乗って、真田丸に突っ込んで
大ダメージを負ってしまった方です。
その方が招き猫の由来に関わっていたなんて、なんだか不思議ですね。
以上、簡単な補足でした。
posted by マナオ at 20:04| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする